検索

何をこの世界で成し遂げたいのか?

 よく、あなたはいったい何がしたいんですか?と聞かれます。


 僕は他の方と比べて、起業家になりたかったわけでは無いのだと思います。それならば、2011年にとあるVCさんからやりませんか?と聞かれた時に、YESと言っていたはずです。


 やってみてわかりますが、0から1を事業を起こすことは本当に大変です。そう簡単にうまくいくわけではありません。


 何度も心が砕けるような瞬間があり、すべてを、自分の人生すら呪ったり恨んだりする瞬間が昨年はたくさんありました。嫌になってふて寝する日もありました。


 そういった事を乗り越えた先に、成るようにしか成らないという感覚の麻痺が存在するわけですが、この鈍感力というのが非常に重要でして、鈍感に成らなければいけない、恥も外聞も捨てて交渉しなければいけない瞬間があります。


 少なくとも僕はこれまで、水瓶座特有の繊細さ(無駄なプライド)が邪魔をして、武士は喰わねど高楊枝を繰り返していましたが、そういう事を言ってられる時は、まだ余裕がある時です。


 余裕が本当にない時は目の前にあることをやるしかありませんから、無駄がなくなるんですね。


 だったらオマエのこのブログは無駄なことなんじゃないのか、余裕あんな。と思われるかもしれませんが、余裕が無いからアピールしていると言うのもあります。


 あの人は強いから大丈夫とかいう変な思い込みは外して下さい。きっと周りにも辛い思いを隠している人がきっといるはずです。晴れた日に傘を貸す人が非常に多いのが残念です。雨が降った日こそ傘を課すのです。


 成功した人をもっと応援したいという流れは資本主義からすると正しいのですが、私はどちらかと言うと這い上がろうとする人を支援する流れが欲しいと思います。


 少なくとも崖をよじ登る人を後押ししたり最後に引っ張りあげたりする役割がもっと必要だと感じました。


 と、自分の起業家としての能力の無さを嘆いていても仕方ないので前を向いて又一歩踏み出すしか無いのですが、これって何かに似てるなぁと思ったら、文芸だったり漫画だったり、所謂エンターテイメントコンテンツ業界の構造に似ていて、センスだったり才能だったり、時代にマッチした人が才能関係せずに上り詰めたりと、運をつかむ要素が非常に大きい事からも、この業界構造は実は案外マッチしているんだろうなと思いました。


 そして、潰れていく才能も沢山あるでしょう。


 そこに気づいたのはごくごく最近なのですが、結果的に業界構造を上手く変えるかどうか、それともより支援の輪を広げていくのか検討に値するかなと思っています。


 これについてはKADOKAWA・DOWANGOの川上量生会長兼象徴CTOも指摘している点です。又、昨年この業界について調査やマーケティングを行っていた際にある出版社の編集の方からご意見を頂いた時も同じような事を言われました。


 どうやってCreativeな人々に変なバイトをさせずに集中させご飯を食べさせるのか。確かにDeNAのエブリスタ等で付き20万円程支援して書かせるという事をしていた時もありましたが、本質的にベーシックインカムが上手く働く人と働かない人がいて、お金をあげてしまうとそれに満足してしまって投資に成らない場合があります。


 そうではなく彼らのクリエイティビティを最大限いかせつつ、満足度が高くCreateし続けるスキームが作れないか、ということなのです。


 そのための基盤は単一ではそれぞれ提供されてきましたがプラットフォームとしては動いていません。これは業界構造によるためだと思います。


 その人達がご飯を食べられるぐらいというと一体いくら必要なのでしょうか?たぶん500万円ぐらいあれば十分ですよね。家族がいたらその1.5倍位あればいいかもしれません。これをどうやって稼がせるか。