検索

【StoryAIユーザーボイス】Vol.3 異色の経歴PRプランナー兼ライター 砂流恵介さん

更新日:2021年7月8日

【今回からPodcast収録と並行しております】


今回も始まりました、Alrma Wave 20.1FM。これまでのX-waveから番組名を変えてお送りします。AlrMA Wave 20.1FMはパーソナリティ【masahirokjp(マサヒロックJP)】がお届けする、さまざまな情報を提供する番組です。自社サービスStoryAIを利用しているプロの方をお招きしたり、最新の映画、アニメ、ゲームコンテンツ、制作ツールなど幅広くお届けします。


本日のAlrMA Wave vol.3は私の10年来の友人である、砂流恵介さんにお越しいただきます。

砂流さんは、秋葉原のPCショップ店員からキャリアをスタートさせ、その後台湾の外資系PCメーカーの広報などで活躍されました。現在はフリーのPRプランナー兼ライターとしてご活躍中です。また、宣伝会議などでPRの講師をやられるなど、多方面で活動されています。それでは砂流恵介さん、よろしくお願いします。


◆砂流恵介さんとは?

砂流恵介さん(以下、砂流さん):よろしくお願いします。砂流です。僕は今はフリーのPRプランナー兼ライターをやっていまして、その前はパソコンの会社で宣伝広報をやっていて、さらにその前がパソコンショップの運営と販売員をやってました。結構パソコンやガジェットに縁のある人間です。そういった記事を書います。PRはB2BやB2Cをお問わずいろんなメーカーさんのお手伝いをさせて頂いています。

砂流恵介さん
砂流恵介さん

川合:メーカーさんが多いんですね?

砂流さん:PRはそうですね。お手伝いする企業さんによってはサービスもありますし、ガジェットもありますし、ものによっては宇宙とかも。

川合:宇宙、面白そうですね。

砂流さん:面白いすけどさっぱり分からないんで(笑)毎回、「これってどういうことですかね?」みたいな話を聞きながら、噛み砕いて文章にさせてもらってるような感じですかね。

川合:メーカーの広報をやっていたから、難しい技術を丁寧に語るのが得意なのかな?と思ってますがどうですか?

砂流さん:そうですね。ライターをやり始めたのはフリーになってからなんですけども、その前、販売員と広報は、誰かに何かを伝えて、例えば僕の場合パソコンだったんで、このパソコンとあのパソコン何が違うのってことを、その方の分かる言葉とか知識の部分に合わせながら説明していくってことが多かったです。

砂流さん:広報になってからは色んな媒体、普段書かせてもらっているEngadgetだともいろんなものを飛び越して、業界用語で全部説明しても通じるんですけど、例えば女性誌とかだとちんぷんかんぷんなると思うんで言葉変えて喋んなきゃいけない。そういう事を十数年やってきたっていうのがあって、フリーライターになった時に僕のスタンスが分かりやすく伝えるっていう方向になったんだと思っています。

川合:そんな砂流さんですが、実は昨年のStoryAIのリリースから水面下で使っていただいておりました。

砂流:使わさせて頂いてます。

川合:ということでプロのライターがどんな感じで使ってみて、良かった