検索

ベン・ホロウィッツが伝える本当のHARD THINGS

 2015年9月8日(火)と9月9日(水)に東京 渋谷のヒカリエにて行われている「Tech in Asia Tokyo 2015」似て、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)の共同Partnerであるベン・ホロウィッツが来日し、日本の、そしてアジアの起業家に向けてあたたかいメッセージを語ってくれた


◆ラウドクラウドの設立

 最初の質問は起業家としてのベンの活動、すなわち著書「HARD THINGS」で赤裸々に語られた、出来事の復習であった。起業家としてのベンは、ハイアットマネージメントという当時のインテル社のCEOが書いた著書を参考にしていたという。


 ラウドクラウド社を99年に設立し、そのタイミングについては素晴らしいタイミングであったと語っていた。世界初のクラウドコンピューティングの企業が誕生した瞬間だった。だが、時期としては早すぎた。ハードウェアがこなれてないため性能がでないから、コストばかりがかかる。しかし、それは良い経験であり体験であったが出来た。


 設立6ヶ月後にはリリース前に1億2000万ドルの予約を取り、9ヶ月後には2億7000万ドル売上を売り上げた。順調かに思えたが、その後、失敗するのであった。当時、ラウドクラウドにはIPOするしか選択肢が無かった。Private Equity Financeが出来なかったからだ。


◆IPOは地獄への道

 創業から1年半でIPOしたことで、フォーブス誌で評価されたが、その後IPOへの地獄への道と書かれた。アドバイスできることとすれば、1年半で上場は止めた方がいい。だが、ラウドクラウドとしてはIPOをやるしかなかった。


 それしか選択肢がなかったからだ。CEOは意思決定するだけだから、簡単な問題、良いか悪いかで決断するのは非常に簡単である。それ以外の非常に難しい意思決定がある。この時の決断としては、上場して生き残って様々なメディアから批判されるか、倒産するかであった。結果として、上場してMAされたから株主にとっても良い結果だったが、将来どうなるかは分からない。


 IPOに良いタイミングは、現在は良いタイミングではあまりないけれども、IPOに向けた準備をどれだけできるかに掛かっているといえる。その準備とはテクノロジーの会社ならば技術に投資しなければいけない。そして、会社として自分の株式持って、経営をコントロールできなければいけない。そうしなければ外部の投資家にいいようにされる。


 また、キャッシュとのコンビネーションが必要である。ポジティブなキャッシュ・フローが必須ある。例えば、ウソでもマイナスの話が出てしまって売上が下がる、証券取引所のレギュレーション違反で、訴訟されるリスクも有る。そして、株価とはそういう様々な要素で決められている事を理解すべきだ。


 ラウドクラウドを経営していた時のセクターは、同業のクラウドコンピューティングの会社でエクセレスという会社が売上5億ドルだったが、その後すぐに倒産したがそういうセクターだった。とにかく当時は市場が壊れていたのである。


 ベンは、寝ている時に泣いていたそうだ。母を呼ぶ子どものようにベッドで泣いた。その時、ベンは自問した。果たして今は悪い状況なのだろうかと?売れる市場が無い、スタッフもクビにするしか無い、母親も投資している、そういう様々な要素からすごく気分悪くなってしまったと、笑いながら話していた。


 その時ソフトウェアとしてのクラウドサービスを作ることにした。テクノロジーとしては難しいことをやったから売却できるかな?と考えたわけである。つまりPivotだ。この時、倒産する前に出口がないかと考えたわけである。


 ラウドクラウドにとって転換期である。そして、ソフトウェアを維持することで出来たことだった。当時としては利益が無いので、株価が35セントぐらいになり、会社のストックの半分ぐらいの価値になっていた。


◆スタッフのレイオフ方法

 そこまで緻密な準備していなかったので、知人のビル・キャンベルからアドバイスをもらった。シリコンバレーは人を切ったら会社の経営がダウン傾向という悪いうわさが走る。いい会社とはコミュニケーションがとれている状態である。なぜなら同じ考えで一つにまとまっているからである。そして、コミュニケーションの前提は信頼であるとベンは語っていた。


 実際に、シリコンバレー企業に勤める元Googlerのセールスエグゼクティブマネジャーと会話したが、結局は飲みニケーションみたいなものは存在して、自分の危機に際してお前のためなら働いてやるよというような仲間はシリコンバレーにもいるので、結局は信頼だと語っていたので、この話にウソは無い。


 このレイオフのキーポイントは、解雇することに透明性をもたせるという点である。株主に対するパフォーマンスではなく、資金調達が出来なかったからと正直に説明することが大切。そして、解雇したスタッフを最後まで見送ること。


 失敗してゴメンナサイという謙虚な気持ちで見送ることが大事なのだという。この話を聞いて、結局成功す