検索

StoryAIでM1の決勝を予測してみた。おいでやすこが編

 さぁ、お笑いの分析もいよいよ3日目に突入してきました。今日からは平日なんで、18時ごろから公開していきます。

 M1お笑い分析も3日目に突入です。一体誰が頂点を得るのでしょうか?ほんと楽しみですね。


M1グランプリの公式サイトはこちら。

◆注意事項

 本分析はあくまで、二回戦の公開されているお笑いから解析したものです。先日の準決勝のデータを元に解析したものではございません。そのため二回戦から決勝まで約2ヶ月ほどあるので、改善はされていると思います。あくまで二回戦時点で将来予測できるのか? というエンタメとしてごらんいただきつつ、StoryAIって何をするものなの? という事を肌で感じてもらえればと思います。


 また、順位予想については、当日の敗者復活戦を待って、番組が始まる直前ぐらいに出してみたいと思いますので、12月20日までお待ちください。(敗者復活の結果は番組中に決定するため、事前予想を出しつつ、適時修正をする事をお許しください)

 では、張り切って行ってみましょう!

◆おいでやすこがとは?

 ピン芸人のユニットのおいでやすこがさんは、「おいでやす小田」さんと、細かすぎて伝わらない選手権常連の「こがけん」さんが2019年に組んだコンビです。それぞれが独特の強烈なパーソナリティを持っていて、見た目の普通さからは想像がつかないような、素晴らしい芸人さんだと思います。


 麒麟の川島さんからも、サラリーマンが!とイジられていましたが、そういうものとのギャップが売りだと思います。こがけんさんは12月12日の細かすぎて伝わらない選手権にも出られており、ピン芸人としてのポジションが確立されていますが、小田さんはR-1に出ようとしたところ、年次制限によりM-1一本に絞らなければいけなくなりました。それがいい方に働いたのか、無事M-1の決勝へと導かれたのでした。



 おいでやす小田さんはNSC大阪23期生(2000年)で友近さんの同期、こがけんさんはNSC東京7期生(2001年)で学年は同学年です。

ともに芸歴20年のでぇベテランなわけですが、コンビを組んだのはごく最近です。


◆二回戦のネタは?