検索

シン・○○をStoryAIで解析してみた。

 さてみなさん、先日のプレスリリースは読んで頂けたでしょうか?もしまだでしたら、これを機にご覧いただければと思います。(プレスリリースはこちら


 さて、ラストランが始まったシン・エv……ではなく、今回ご紹介するのは、同じ監督作品の「シン・ゴジラ」です。まだ、ラストランに行けていないのですが、折を見て行きたいと思います。あと10億円頑張って、100億円達成してほしいですね。

シン・-をstoryaiで解析してみた。

 さて、庵野秀明監督の「シン・○○」シリーズですが、ゴジラ、エヴァ、ウルトラマン、仮面ライダーと来るので、しばらく1年単位で何かしらが出てくるのでしょうね。期待するのはヤマトとガンダム、鉄人28号、アトム、ゴレンジャーなど昭和の代表作があるのかなぁと、個人的には思います。


 さて、前置きはここまでにして早速解析結果を出していきたいと思います。その前に、一言。これはあくまで、我々の解釈であって、庵野監督の想いなどからの推測ではなく、パラメータからだけの判断である点をご了承ください。


 庵野監督の想いについては、パンフレットやさまざまな媒体で語りきっていると思いますので、そちらをご覧ください。


 現在、Amazon Prime Videoなどでも「シン・ゴジラ」や「新劇場版エヴァンゲリオン」共々ご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

 

 認知バイアスに問わられない作品解説を早速始めていきます。


StoryAIによる解析結果



 こちら、発売されている脚本集からデータをおこして、解析しました。StoryAIは文字数よりも重要視しているのが行数です。全体で約1900行ほどあり、二時間半の映画の尺として考えても十分長く、大体三時間から四時間程度の分量だと考えられます。


 脚本特有の概念「柱=シーン」で考えると350を超える柱が存在し、この規模になると、昭和の名作「飢餓海峡」とほぼ同等であると考えられます。通常、平均して柱1個に対して1分と考えていきますので、普通に考えたら350分=6時間程になります。

 ただ、実際には、映像だけ一瞬映す場合も多いので、1秒ぐらいのシーンもありますので、あくまで目安、参考程度と捉えるべきです。ちなみに、ハリウッドの場合はA4 1枚 1分と考えて作る必要があり、これが守られないと、脚本段階で差し戻しになります。