検索

ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」28

更新日:2月8日

INDEX

  1. ピクサー無料講座「ストーリーテリングの技法」日本語訳その28

  2. レッスン1

  3. レッスン3

  4. レッスン2

  5. レッスン4

  6. 視覚的な言語のアドバイス

ピクサー無料講座「ストーリーテリングの技法」日本語訳その28

カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」の日本語訳を公開いたします。

今回は、レッスン4「ストーリーストラクチャー」より、8つ目の動画Advice on visual languageの翻訳です。

これまでの翻訳はこちらです。



レッスン1

  1. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」1

  2. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」2

  3. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」3

  4. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」4

  5. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」5

  6. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」6

レッスン3

  1. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」14

  2. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」15

  3. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」16

  4. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」17

  5. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」18

  6. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」19

  7. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」20


レッスン2

  1. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」7

  2. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」8

  3. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」9

  4. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」10

  5. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」11

  6. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」12

  7. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」13

レッスン4

  1. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」21

  2. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」22

  3. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」23

  4. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」24

  5. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」25

  6. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」26

  7. ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」27

※本記事のキャプチャーはすべて、カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」レッスン4の8つ目の動画からのものです。また、カーン・アカデミーが掲載している米Pixar社の動画教育コンテンツに許可を得て翻訳し掲載しておりますが、Pixar社が本動画に正式な日本語訳を付与した場合にはそちらが正しいため、本コンテンツの掲載を取りやめる可能性があることをご理解ください。

視覚的な言語のアドバイス

それをやっていてネガティブな経験をしたことはないと思います。 答えてくれないか、アドバイスをくれるかのどちらかだと思いますが、自分のやりたいことに強くコミットして、それを諦めずに、その分野では何であれ、常に自分を追い込み、挑戦し続けることだと思います。

[ダニエラ]あなたは、描き続けて。描き続けて、描き続けて、描き続けて。 映画を見るのもいいし、写真を見るのもいいし、他のアーティストを見るのもいいけど、私にとっては人生を見ることなの。私はスケッチブックを持ち歩いています。 素早くスケッチをします。メモを取ったり、時には絵を描かなくてもいいこともあります。それよりも、人を観察したり、瞬間を観察したりすることに重点を置いています。

サクッとスケッチをします。メモを取ったり、時には描かなくてもいいこともある。人を観察したり、瞬間を観察することに重点を置いています。

最初のアイデアや最初のジェスチャーを出してみると、自然発生的に気に入ったものが見つかるかもしれないし、三角形をダイナミックな形にしたり、正方形をブロッキング要素にしたり、線のパターンを方向性のあるデバイスにしたりして、そのアイデアをフレーム化する方法について学んだ要素を使って考えてみるといいでしょう。