検索

ドラクエⅢは偉大である

 最近になって、スクウェア・エニックスのドラゴンクエスト3のスマホゲーム(スーパーファミコンのリメイク)がリリースされた。心の底からやりたいのだが今は我慢している。何故、やりたいのかというと、一番初めに親に買ってもらったRPGだからだ。


私の原点である。


◆冒険活劇が大好きだった

 元々、冒険活劇が好きな私だ。小学校の頃は小説をよく読んでいた。何処の出版社かは不明だが、大人向けの西遊記が大好きだった。上下2段に分かれて印字された500p以上のボリュームだ。


 孫悟空の生まれの詳細から、西王母や太上老君に悪さをし、大日如来に封印されるまでを丁寧に書いている。三蔵法師との出会いの後は、細かい戦いの描写、人間味あふれる猪八戒と沙悟浄、芭蕉扇入手時の話も単純に牛魔王が悪い奴ではないという話だった。最後は絵本とは違い斉天大聖として神と認めてもらうという流れに心躍らせた。


 また、何度も買い直したのは南総里見八犬伝である。衝撃の男の娘「犬塚信乃」が主人公だ。後から男に覚醒するあたりが滝沢馬琴である。その他にも知の珠を持つ犬坂毛野も美人すぎる男なので暗殺をしやすいために女装していた。


 滝沢馬琴は時代を先取りしすぎである。


◆SFにハマる

 その次にSFにハマり始める。ハヤカワ文庫を読んでいたわけではなく、SF子ども図書館というシリーズを読んでいた。(SF子ども図書館)


 この中ではガーンズバックの「27世紀の発明王」という作品があり、火星人に彼女を火星に連れ去られてしまう。主人公は愛機カシオペア号で追いかけ、地球と火星の間で捕まえるが、彼女はすでに殺されてしまっていた。


 涙するも、自分で作った蘇生装置で復活させるストーリーだ。テレビ電話等を150年ぐらい前に書いている時代を先取りし過ぎのSFである。これが友達の中では一番人気がありました。


 しかし、私が読んだ中では「ついらくした月」が一番好きであった。原題はホプキンスの手記というもので、月がある日墜落し大西洋を埋めてしまう。アメリカとヨーロッパが地続きになり、月に眠る資源の奪い合いにより、第一次世界大戦が発生する。書かれた当時の時代背景を考えると色々考えさせられる終わり方だ。この原著ではこの続きがあるそうだ。


 このシリーズでは、あのキャプテン・フューチャーも第一作目だけ収められています。人間と脳だけの人間とアンドロイドとロボットの組み合わせが特徴的ですが、この脳だけのバイオコンピュータという設定が後の作品にも強く影響を与えている。古典を勉強しろとはよく言うが、そのとおりだ。


 この他にも、「恐怖の深海の宇宙生物」で眠れない夜を過ごしたこともある。ジュール・ベルヌの地底探検で、海底20000マイルとはまた違ったワクワク感を得られた。実は地底には巨大な空洞があり溶岩が流れ、恐竜がいて、白亜紀の地球がそのまま表現されている。もう一つ「恐竜の世界」と勘違いしているかもしれないが、ドラえもんの「のび太と竜の騎士団」と同じコンセプトだ。きっとここから着想を得たのだろう。