ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」10

ピクサー・イン・ア・ボックス「ストーリーテリングの技法」10

ピクサー無料講座「ストーリーテリングの技法」日本語訳その10

カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」の日本語訳を公開いたします。

今回は、レッスン2「キャラクター」より、4つ目の動画「障害」「アクティビティ3」の翻訳です。

これまでの翻訳はこちらです。

レッスン1

レッスン2

※本記事のキャプチャーはすべて、カーン・アカデミーで公開中のピクサーの無料講座「ストーリーテリングの技法」レッスン2の4つ目の動画「障害」「アクティビティ3」からのものです。また、カーン・アカデミーが掲載している米Pixar社の動画教育コンテンツに許可を得て翻訳し掲載しておりますが、Pixar社が本動画に正式な日本語訳を付与した場合にはそちらが正しいため、本コンテンツの掲載を取りやめる可能性があることをご理解ください。

動画4:障害

(ローマン)ストーリーの世界のなかで、キャラクターを行動させるものについて考えてきましたが、ここからは逆に、キャラクターの前に立ちふさがるものについて考えてみましょう。

それは、障害と呼ばれます。どんなものでも、障害になります。人でも、ものすごい距離でも、恐れのような心理的なものでもよいのです。

なんであれ、障害とは、キャラクターの前に立ちはだかり、ニーズやウォンツを満たそうとするのを邪魔します。ピクサーのストーリー・アーティストから、障害についての考えを聞いてみましょう。

【障害とは何ですか?】

(マディソン)ストーリーテリングの核となるのは、キャラクターのウォンツとニーズだけでなく、行く手を阻むものは何か、葛藤は何か、ということもそうです。

(デル・カーメン)私たちは、こんな言い方をします。「キャラクターを作ったら、木の上に登らせて、そこに石を投げつける」。私たちは、キャラクターの人生を少し困難なものにします。

(コービン)〔『ファインディング・ニモ』の〕マーリンにとっての障害とは、海に対する恐れでしょう。マーリンはいつもニモに、サンゴ礁は安全だから離れるなと言いますが、ニモを見つけ出すためには、心地よく感じるものをすべて壊さなければなりません。

その時からマーリンの前に立ちはだかる障害は、息子と再会するために、そして、息子を信頼できるようになるために、コンフォートゾーンから出ることをマーリンに強いるものになりました。

(スマイス)『E.T.』の場合、エイリアンのE.T.と出会った少年エリオットのウォンツとは、E.T.が地球に残って一緒にいてくれることです。しかし、E.T.がエイリアンであることが障害となります。E.T.は地球に留まることができません。生き続けることができないため、死にそうになってしまいます。

【キャラクターの障害を、どのように決めていますか?】

(コービン)私は、「このキャラクターが達成しなければならないことを実現させるには、なにがベストな方法か」を考えます。

(マディソン)ここピクサーでは、ストーリーや映画を制作するとき、キャラクターにとってこの旅が何になるのかをひたすら問い直します。

(コービン)キャラクターによっては、恐れが障害の役割を果たします。多くの場合、私たちは恐れに向き合わず、回避しようとします。もしキャラクターに立ち向かわなければならないような恐れを与えるならば、あなたの作ったシナリオは、戦うか逃げるかの選択が非常に差し迫ったものであり、それはキャラクターにリアクションを強います。

(マディソン)ストーリーを作っているとき、「どんな外的要素が面白いだろう? カーチェイスはどんなのにしよう? 悪役は何にしよう?」と考えようとします。しかし、もっと重要なのは、このカーチェイスやこの悪役が、どのようにキャラクターの内側にある障害を反映しているのか、どのようにあらゆる欠点や短所を反映しているか、ということです。

(デル・カーメン)こういった類の障害をキャラクターの前に置くのは、そのキャラクターに、自分のウォンツとニーズを考えさせることになるからです。

(ローマン)私のお気に入りの例は、『カーズ』のものです。マックイーンの一番のウォンツは、カリフォルニアに行き、大きなレースで勝つことです。

しかし、ラジエーター・スプリングスで道路工事のために足止めを食らうという障害に直面したとき、マックイーンのニーズは、スピードを落とし、旅を楽しみ、友達を作ることになります。

次のエクササイズでは、キャラクターが直面しそうな障害と、それに対して行なう選択について考えましょう。

アクティビティ3

エクササイズ3:障害

パートA:お気に入りの3本の映画に戻って、それぞれの主人公が直面する障害をひとつ挙げてみましょう。

パートB:あなたが、自分の人生で直面した障害を挙げてください。その障害は、何を達成するのを邪魔しましたか?

パートC:自分で作ったキャラクターに戻り、そのキャラクターが直面しそうな障害をいくつか考えてみましょう。


ficta onlineは、ストーリーロジックをテクノロジー化した、世界でも類を見ない最新のサーヴィスです。

これを機に、あなたの「やりたい」を「できた!」に変えましょう!

150 PV
CATEGORY :
TAG :

最近の投稿

More